スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が家のイヌ 2

淋しがり屋のゴン太は、家族の姿が見えなくなると脱走を図ります。
これまでに成功した?脱走が2度ありました。

1度目は私が旅行中に、友人宅へ預けていたところ電話が入り「ゴン太がいなくなった!」との知らせ。
私は顔面蒼白で「すぐ戻る」と言って電話を切りました。

ところが10分程して「見つかった」との連絡。
何と自宅まで帰ろうとしたらしく、すぐ側の建材(砂・砂利)置き場で発見されたのです。

お散歩中は、ものすごい集中力で公園を目指し、ご褒美におやつ等をあげても見向きもしません。
そんなゴン太ですから万が一脱走したり、引き綱を離したりした時は、車にはねられて死んでしまうだろうと覚悟していたので、本当に心から安心しました。

友人には迷惑をかけてしまったので、次回からはペットショップに預けることにしましたが、
檻の中に入れると、ずーーーっと吠えっぱなしになるので、預かれないと断られてしまいました。
なので、旅行はなるべく一緒に行かれる所にしています。


スポンサーサイト

我が家のイヌ

我が家には13才のシーズー犬(オス)がいます。

名前は「ゴン太」

とても人懐こく、ちょっと優しくされるとすぐにお腹をみせてしまいます。

その反面、ひどく淋しがり屋で留守番をさせると、顔中びしょびしょ。
なんと、泣いているようなんです。

はじめはヨダレかな?水に顔を突っ込んだかな?と思ってたのですが、目の周りが異常に濡れているんです。犬も泣くんでしょうか?

生後3ヶ月で我が家に来た頃は、「五郎」というマルチーズ(2才、オス)のお兄ちゃんがいたので、ひとりぽっちでいることなどありませんでした。

まるで兄弟のように、いつでも体の一部をくっつけて一緒にいました。

しかしそのお兄ちゃんの「五郎」は6才を目前に、脳腫瘍になりあっという間にこの世を去ってしまうのです。

それからが大変でした。

いつもおとなしく、五郎に付いて回ってた「ゴン太」が、ちょっとした物音に反応して吠えまくる。そして淋しがり屋の泣き虫犬になってしまったのです。
                                        
 つづく
プロフィール

遊古堂NET

Author:遊古堂NET
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。