スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父から教わったこと

先日、近所の寿司屋でのこと。

「食べ方が格好良いですね」と
隣りに座る同世代?と見える
すごい豊満な胸を持った
保険外交員風の女性に声を掛けられました。

「え~本当ですか? 
  有難うございます!」

ちょっと嬉しくなってしまいました。

寿司屋に行っても
つまみとお酒だけで
なかなか握りまで辿り着けず、
翌朝になって「あれ食べとけば良かった・・・」と
後悔するのですが、
この日は会合があり、
めちゃくちゃお腹が空いていたため
ビールと共に握りをつまんでいました。

お寿司の食べ方は
中学生になって、
父から教えてもらいました。

それまでは、お寿司屋さんに行っても
大人はカウンター
子供は座敷と完全に分断され
かっぱ巻きとかんぴょう巻しか
食べさせてもらえませんでした。

中学に上がってから
少しづつ、大人の隣りに座れるようになって
マグロや軍艦を追加してもらったりしながら
醤油のつけ方、口への運び方、
そして食べるのに適した順番を教わりました。

そのお陰で、どんなお寿司屋さんに
行っても、堂々と注文できるように
なりました。

今は、寿司にしてもそばにしても
「そんなの関係ないよ。
     自分の好きなように食べればいいじゃん。」
というような風潮を感じますが、
理由があって、伝わってきていることですから
まずは素直に聴いてみて、
何が違うのかを試す価値が
どんなものにもあると思います。

仕事の関係で我が家は
家族揃って食事を摂る機会が
少ないのですが、
家族揃った時は、子供から
「鬼」と呼ばれながらも
人に不快感を与えない食べ方を
伝えていきたいと思います。


追伸:こんなこと書いておきながら
   ナイフとフォークの使い方は
   上手といえない私です。
   左手が器用に動かせないからでしょうか?
   フォーク一本で十分足りてしまいます。
   しかし、これでは一貫性がないので、
   子供と一緒に練習していきます!
プロフィール

遊古堂NET

Author:遊古堂NET
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。