スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二代目女社長のひとり言 その6

「自分が行動したことすべては、取るに足らないことかもしれない。
 しかし、行動したというそのことが、重要なのである。」
                          マハトマ・ガンジー




翌朝、私はいつになく張り切って出勤しました。
何となくワクワクしてくる気持ちが
未来への大きな期待となって膨らみます。

しかし、いざ事務所へ入ると
先週の金曜日(セミナーに参加する前日)
に見た光景と何ら変わっていないことに(当たり前ですが)
現実へ引き戻された気がしてしまい
さっきまでの「ワクワク」した気持ちが
みるみるしぼんでいくようでした。

それでも、気持ちを切り替えて
元気よく挨拶し、机に座りました。

父が亡くなってから
一番親身になってくれ
そして、今回のセミナーに参加することを
とても喜んでくれた、
父の友人でもある
弊社相談役のMさん(当時70歳位)

席が隣りなので、セミナーを受講して
どうだったか、早速私に尋ねてきます。

すぐに朝礼だったので、この場では
「やることが明確になったし、
すごく勉強になりました。行ってきて良かった」
と返答しました。

しかし、事務所へ入るときに切り替えた気持ちも
机に座って、スタッフの顔を見ると、再びしぼんでいきます。

「本当に私に出来るのだろうか?」という
自信の無さが徐々に不安に変わってきます。


当時は1996年
バブルがはじけてから数年が経っていました。

公共工事が激減すると叫ばれている時代でしたが
弊社の業績は増収増益。
周りの同業者も同様だったと思います。
そのせいか、大した危機感も持たずに
呑気に構えているようにみえました。

しかし、確実にレンタル単価は下がり続け
未回収金もジワジワと増えてきていましたから

「業務内容を見直して、
いつ来るか分からない不況に備える必要がある」

と、今回のセミナーで決断したのです。

ですが、どちらかというと当時のスタッフは、
「現状を変えたい」とは
考えていない方達ばかり・・・。

その人達を相手に、どのように伝えたら良いのか?
私の想いをきちんと伝えられるのだろうか?

出勤前の気持ちとはまるで正反対の重苦しい気持ちで、
月曜をスタートしたのでした。

つづく



追伸:この時参加したセミナーは非常に内容がよく
   正に経営者として、基礎を学べる「経営大学校」でした。
   この後も、KSDが存続するまで
   入門コースと、実践コースには、毎期参加し、
   財務から、リーダーシップ、心構え等々、
   多くのことを学ばせてもらいました。
   このセミナーがなかったら
   今の私はなかったかもしれません。

   経営者仲間もでき、今も定期的に会っています。

   昨年、20代の経営者から
  「経営について学べる良いセミナーはないですか?」
   と、尋ねられましたが、このコースが今もあれば
   間違いなくお勧めしていました。
  
  「あんしん財団(KSDから名称変更)」様!
   ぜひとも、日本の未来を活性化するためにも
  「経営大学校」の再開をご検討ください。
   よろしくお願いいたします。



追伸:前回お伝えした「ネット集客」の権威
   「小谷川さん」のサイトです。
   Facebookでは、なんと!
   お友達が一万人を超えたそうです。
   どうすればそんなことが出来るのか?
   全て無料で学べます!

   http://123direct.info/tracking/af/365185/rLiBosH8/
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

遊古堂NET

Author:遊古堂NET
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。