スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二代目女社長のひとり言 その14

「自分には限界を設定しない
  限界を設定した瞬間から
  自分の能力の上限を決めてしまうことになる」
                    
                                       小谷川 拳次



何でもこなせるスーパースターAさん。
責任感が強く、忍耐力もあり
とても頼りになる存在。

先代も私も信頼するパートナーであり、
彼のお陰で会社が成り立っているといっても
過言ではありませんでした。

しかし、会社が大きく変わろうとするとき
一人ひとりの強みを活かし
スタッフ全員が、お客様に喜ばれる会社にするため
主体的に動こうとすればするほど、
それは、大きな壁になってきました。

それまでは、Aさんから言われたことだけを
やっていれば良かったのです。

電話で受注を受けるのは、Aさん。
数百種類もある商品の貸出単価を決めるのは、Aさん。
配車を組むのは、Aさん。
お客様がいらした時の接客は、Aさん。
お客様から機械のことで相談にのるのは、Aさん。
伝票に間違いや漏れがないか、じっくりチェックをするのは、Aさん。

スタッフが帰った後も一人残り
毎日夜9時過ぎまで、仕事をこなしていました。

他のスタッフは、Aさんの助手?のような感じでした。
それを今日から「自ら考えて動け」と言っても

「今まで自分の考えで動いたことがないので、分からない。」

「お給料が上がる訳でもないのに
  余計な動きはしたくない。」

「やっても、認めてもらえない。
 やったとしてもその仕事を
 勝手にやり直されてしまうなら
 やっても意味がない。」

等々、そんな考えが頭に焼きついていますから
ちょっとやそっとでは動きませんでした。

また「今の持ち場の仕事で手一杯だ」と、不満も出ます。


反対にAさんも
「まだこの重要な仕事を任せられる段階ではない。」

「結局、自分がやらなきゃならないなら
 初めから自分がやった方が早いし正確。」

「お客様に迷惑がかかってしまうという
 リスクを考えると、心配で任せられない。」

等々、任せられない理由が挙がってきます。


しかし、私達自身が成長しなければ
この先ずっと、お客様に安心してお付き合いいただくことはできません。

確かに、ベテランのAさんに任せておけば
私も安心していられます。

このままAさんに任せて、私は単なるオーナーとして
のんびり他のことでもやっていた方が良いのかもしれないと
考えたこともあります。

ですが、このように特定の一人に、重要な仕事が集中していた場合
万が一、その人が辞めてしまった場合どうなるだろうか?

Aさんは、とても責任感の強い方ですから
余程のことでもない限り
休むことはありませんでした。
日中休んだとしても、夜は必ず来て、仕事のチェックをする人です。

それでも急に大きなケガをするかもしれません。
病気で倒れるかもしれません。

そんな時、誰が数人分働くAさんの代わりが出来るのか?

非常に危険な状態にあるのだと
強く感じたのでした。

つづく



追伸:昨日はアンソニーロビンズ直伝コーチ
   「池田貴将」さんのワンデイセミナーに
   http://www.ikedatakamasa.com/
   参加してきました。
   ワンデイは3度目、本コースも一年間
   学んできましたが、毎回違う気づきが
   あって、とても勉強になります。
   また友達が増えて、自分の知らない世界を
   知り、視野が広がることも楽しいですね。

   
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

遊古堂NET

Author:遊古堂NET
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。