スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

優しい母になります

やっと、良いお天気になりました。
気持ちもスッキリします。

次女も少しづつ
学校に行くことに慣れてきて
ネックだったテレビも観ることなく
朝の支度をしています。

全ての支度が終わって
必ず言うのが
「お母さん、下まで送ってきて」

これまで、子供達より
早く出勤するため
見送ることなど、殆どありませんでした。

なので、私が見送らないことには
すっかり慣れているだろう。
私がいなくても
おばあちゃんがいるから
大丈夫だろう。

と、勝手に思い込んでいましたが
やはり、母親に見送られると
安心するんですね。

そして、
普段母親業をやっていない私は
怒らず、優しい母親になろうと
心に決めるのでした。

※そう決意しながら、
毎朝大きな声を張り上げている
バカ母ですが・・・。




さて、本日も杉本さんのメルマガから
  ↓  ↓  ↓


『優しさは伝染する』


私は、「優しさ」が、
人を大きくしていくのだと、
信じているのですが、
そのことをよく学べる実話があります。

少し昔の、アメリカの話ですが、
お読みいただけますでしょうか?

「あるペットショップの店頭に、
『子犬セール中』の札がかけられました。
子犬と聞くと、子どもはたいそう心をそそられるものです。

しばらくすると案の定、
男の子が店に入ってきました。

『おじさん、子犬っていくらするの?』

『そうだな。30ドルから50ドルってところだね』

男の子は、ポケットから小銭をとり出して言いました。

『ぼく、2ドルと37セントしかないんだ。でも見せてくれる?』
 
店のオーナーは思わずほほ笑むと、
奥に向かってピーッと口笛を吹きました。

すると、毛がフカフカで丸々と太った子犬が5匹、
店員の後ろをころがるように出てきたのです。

ところが1匹だけ、足をひきずりながら、
一生懸命ついてくる子犬がいるではありませんか。

『おじさん、あの子犬はどうしたの?』
と男の子は聞きました。

『獣医さんに見てもらったら、
生まれつき足が悪くて、
たぶん一生治らないって言われたんだよ』
と店のオーナーは答えました。
 
ところがそれを聞いた男の子の顔が、
輝き始めたのです。

『ぼく、この子犬がいい。この子犬をちょうだい!』

『坊や、よしたほうがいいよ。
そりゃ、もしどうしてもこの子犬がほしいって言うなら、
ただであげるよ。どうせ売れるわけないから』
と店のオーナーが言うと、
男の子は怒ったようににらみつけました。

『ただでなんかいらないよ。
おじさん、この犬のどこがほかの犬と違うって言うの?
ほかの犬と同じ値段で買うよ。
今2ドル37セント払って、
残りは毎月50セントずつ払うから』
 
その言葉をさえぎるように、
店のオーナーは言いました。

『だって、この子犬は普通の犬みたいに、
走ったりジャンプしたりできないから、
坊やと一緒に遊べないんだよ』
 
これを聞くと、男の子は黙ってズボンのすそをまくり上げました。
ねじれたように曲がった左足には、
大きな金属製のギプスがはめられていました。
 
男の子は、オーナーを見上げて、
優しい声で言いました。

『きっとこの子犬は、
自分の気持ちがわかってくれる友だちがほしいと思うんだ』
(こころのチキンスープ:ダン・クラーク)

いかがでしょうか?

私は、足の悪い犬の友達になってあげたいと思う、
この子の優しさに、
大きな感動を覚えました。

これを読んだときに、
この子のような優しさを身に着けようと、
強く思いました。

優しさに接すると、
その優しさがじんわり自分に伝わってきて、
もらった優しさを、またほかの人に伝えていくのです。

私には、青少年向けのボランティアに携わっている友人がいるのですが、
彼女はいつも、活動に参加する青少年の後ろで微笑みながら、
何か少しでも活動に参加する姿勢を見せた青少年に、
優しく感謝の言葉を伝えています。

そうすると、その青少年たちは、
自分から徐々に、
助けられる側から、
助ける側に変わっていくのです。

愛されていると思うと、
その愛が伝染したように、
自分も、愛を心に持つようになるのです。

育自コンサルタント
-自分を育てるお手伝い-

杉本恵洋





追伸:18日~22日まで
   マカオと香港に出かけてきます。
   今後の事業に大きく影響する
   セミナー受講のためです。
 
   それでも、海外は10年振り!
   しかも一人で出発なので
   ちょっとドキドキしてます。
 
   役立つことが書けるよう
   しっかり勉強してきます!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

遊古堂NET

Author:遊古堂NET
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。