スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言い訳しないようにするには?

今朝早く、家の電話が鳴りました。
現代において、
携帯ならともかく
固定電話にかかってくるのは
何かが起きた時。

私「はい、○○です。」
相手「△△です。親父が逝きました。」

従弟からの電話でした。

私「わかりました。どうすればいい?」
相手「従姉への連絡と伯母さんへの連絡を頼みます。」
私「わかった。何かやることがあればすぐに言ってね。」


覚悟はしていましたが、
いざこの日が来ると
伯父の昔の姿が甦り
急に寂しくなります。

いつも笑顔で、優しくて
10年以上も寝たきりの状態でしたが
家には常に、お見舞いのお客さまがいました。

本人は話すことも出来ないのに
これも伯父の人柄なのだなと
尊敬していました。

明日は、伯父に会いに行きます。
これまで可愛がってもらった
感謝の気持ちを伝えてきます。





さて本日は
ジェームス事務所からです。
↓ ↓ ↓


■ イチローは、ベンチにいないから成功する

以前、読んだ本にこんな事が書かれていました。

アメリカ大リーグのシアトルマリナーズで
活躍するイチロー選手の話です。

野球では、守備が終わり、味方の攻撃の時には、
ベンチに戻り、イスに座って味方の攻撃を見ている
のが普通です。

ですが、イチロー選手は、守備から戻ると、
ロッカールームに消えていくというのです。

そして、何をしているかというと、
次の守備に“備えて”、アンダーウェアを
着替えているのだそうです。

つまり、次の回の“準備”のために
着替えているというのです。


私も小学校から大学まで野球をやって
いましたが、毎回、アンダーウェアを着替える
選手なんて聞いた事がありません。

一番、汗をかくピッチャーでさえ、毎回は
着替えないのではないでしょうか?

それが、イチロー選手のような野手となれば、
よほど汗をかかない限りは、試合中に着替える
なんてありません。

そして、イチロー選手のこだわりは、
着替えだけに限ったことではありません。

イチロー選手は、とにかく準備を重ね、
備えを怠らないのだそうです。

では、なぜ?
イチロー選手はそこまで準備をするのか?

イチロー選手はこう言っているそうです。

「言い訳を最小限にするため」


準備を怠っていれば、
それを言い訳にしてしまうから、
準備をするのだというのです。

例えば、前の日に、グローブの手入れをせずに、
試合でエラーをしてしまったら、

「昨日、グローブの手入れをしなかったからだ」

と道具のせいにすることもできます。

ですが、それが常に万全なら、
自分の技術や心構えなど、
自分を修正したり、向上させるしかありません。


イチロー選手は、こうして日々、準備し、
言い訳をできる要素を無くすことで、
自分を磨き続け、あのレベルに達したのでしょう。


私達は、普段、何かうまくいかない事があると

・自分以外の何かのせいにしたり

・できない理由を探したり

してしまいがちです。

そうして、できない自分、うまくいかない自分を
正当化しようとします。

それはそれで、心のバランスを取ろうとする
自然な人間の本能ではあります。


ですが、今、自分が傷つき、落ち込む事を
避けるために、

つまり、目先の痛みを避けるために、

環境や、他人のせいにしてみたり、

できない理由を探すと、

自分が成長できるチャンスを逃してしまう
ことになります。


失敗や現状から目をそむけ、
言い訳や、
できない理由ばかりを言っていると、
できない理由の達人になってしまいます。

できない理由の達人は、つまり、できない人です。

理屈っぽいだけの残念な人になってしまいます。

誰かが

『こうすると良いよ!』

『こんな事をしようよ!』

『こんな夢があるんだ!』

とポジティブな事を言うと、

自分は、チャレンジしてみた事すらないのに
それができな8つの理由を理路整然と述べて
しまうような人です。

実際、世の中にはそんな人がは、
山ほどいます。

あなたも出会った事があるのかもしれません。

このメルマガを読んでいるあなたは、
そんな人にはなりたくないと思いますし、
そんな人ではないと思います。

そうは言っても、本能的、反射的に、

言い訳やできない理由

って湧いてきてしまいますよね。

そんな時は、自分にこう質問してみてください。

自分の失敗について言い訳が出そうになったら

『この体験で自分は何を学んだだろうか?』

『この経験をきっかけに自分はどう成長できるだろうか?』


できない理由が出そうな時は

『できるとしたら?』

『できるない理由、不安や心配要素を消すために
 何ができるか?』

『できる確率を上げるにはどうしたらいいか?』


人間はみな、スパーコンピューターを一台づつ
持っています。

そうです。

あなたの脳です。

そして、その脳は、あなたがインプットした
質問に素直に答えます。

だから、

『そんなこと、ほんとにできるの?』

と質問すれば、できない理由をたくさん出してくれます。

でも、同じ脳に、

『どうしたらできる?』

と質問すれば、できるための方法を出してくれます。


とは言っても、
もともと脳に入力されていない情報は
さすがに脳も引っ張ってはこれません。

もしかしたら、これまでは、
できない理由ばかりまわりからインプットされて
来たかもしれません。

ですが、これからは、あなたの意思で意図的に
できる理由を脳にインプットしていきましょう!

あなたの人生がさらに良くなる事を
願っています。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

遊古堂NET

Author:遊古堂NET
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。