スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コヴィー博士が亡くなられました

少しづつ、暑さにも慣れてきたような
気もするのですが、
朝、ラジオ体操に行く時など
「めまい」のようなものを感じます。

車の運転もあるので、
暑さで気を失ったりしたら大変です。

しっかり養生しながら
身体を鍛えていきたいと思います。


7月16日は「7つの習慣」を書いた
コヴィー博士が亡くなりましたね。

ショックというか、
まだ信じられません。

「7つの習慣」は
会社の読書会で使用している
課題本でもあります。

読書の習慣がある人もいれば
何十年ぶりだという社員も
およそ4ヶ月をかけて
みんなで読みきりました。

そしてその後
一人ひとりの思考や行動に変化が現れ
会社の利益にも良い影響が出ています。

そんな影響を与えてくれた
コヴィー博士が、
昨年、おととしと
日本に来られ、セミナーが開催されましたが
どちらにも参加できなかったことが心残りです。

「7つの習慣」の中に
自分が死んだあと、家族や友人から
どんな人だったと言われたいか。

と、書いてある部分がありますが
正に今、コヴィー博士は
家族や友人、
そして畏敬の念をもった世界中の読者たちからの
感謝の気持ちに包まれていることと思います。



さて本日はこちら
セミナーズの八木さんです
↓  ↓  ↓


おはようございます。
セミナーズの八木です。


朝から、ちょっと暗い話のように
思うかもしれませんが、

これが、現実のものになってしまうことが
一番の悲劇ですので、そうならないためにも
ぜひ、最後までお読みください。


2010年に、厚生労働省が発表した日本人の平均寿命は
女性が86.39歳、男性が79.64歳でした。

つまり、

60歳が定年だとしたら、平均で約20年間の
生活に関しては考えておく必要があります。

これまでのように、年金を必要な分だけ
もらうことも正直期待できないのが現状です。

ですので、貯金しておこうということを、
多くの方が考えるのではないでしょうか。


ですが、ちょっと待って下さい。


ある統計データですが、
夫婦の1ヶ月の平均支出が22万円という数字があります。

それを年間で考えると、

22万円 × 12ヶ月 = 264万円

それが20年続くとなると、

264万円 × 20年 = 5,280万円

非常に、ざっくりとした計算ですが、

定年後、夫婦で20年間生活すると
5,000万円以上の貯金が必要。

これに想定外の支出なども
考えると・・・

現実から逃げたくなってしまうのでは
ないのでしょうか。

定年後も、ハローワークなどに
通って職を探している方が、後を
絶たないのも理解できます。

生活がままならないのです。

だからこそ、今からできることを
行う必要があります。

定年後に気づいても、
難しいというのが現状です。

しかし、何故そうなってしまうのか。

それは、
「金持ち父さん 貧乏父さん」著者の
ロバート・キヨサキ氏が10代の頃に
学んだ言葉に集約されています。

『金持ちは資産を手に入れる。
 中流以下の人達は負債を手に入れ、資産と思い込む。』

大部分の人は、資産と負債の違いを
知らないがために、いつもお金がない
状況に苦労しているのです。


資産は・・・
自分のポケットにお金を入れてくれる。


負債は・・・
自分のポケットからお金をとっていく。


例えば

中流階級の人のお金の流れですが、

収入は殆どの場合、給料だと思います。

その給料で、負債(住宅ローンやクレジットカードなど)を
支払い、支出(税金や生活費など)を支払うことになるのです。


しかし、お金持ちの人のお金の流れは、

まず彼らは、資産を買うために
お金を使います。

そうすることで収入に、給料以外にも、
資産(株式配当や不動産収入など)による
収入が入るのです。

その資産からの収入を使って、
支出(税金・生活費)を支払っています。

そして、余ったお金で、また収入を生む
資産を買います。

そうすることで、継続的に資産による
収入が入ってくることになるのです。


多くの人は、自分のキャッシュフロー
(お金の流れ)を理解していないがために、

また、消費することや貯金することばかりを
学んできたために、

何故、一生懸命働いている自分自身が
お金について苦労しているのか。

その答えがわからないているのです。

学校教育や、日本の文化で、
「一生懸命働くことが、美徳」とだけ教えられ、
「自分自身のためにお金を働かせる」方法を
知らないでいるために、

いつまでも必要以上に働きつづけることに
なってしまうのです。

自分自身のお金の流れを知るためにも、
家計簿などをつけることは、非常に有効と
なります。

あなたが持っているモノは、あなたのポケットに
お金を入れてくれるものでしょうか。


セミナーズ 八木哲也
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

遊古堂NET

Author:遊古堂NET
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。