スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無料セミナーで大収穫

昨夜はセミナーでした。
無料のセミナー。


無料だと、あまり期待できないかも・・・。

チラッと頭を過ぎりましたが
事前に見た資料では結構参考になることがあります。

いつものように
何か一つでもアウトプットすることを意識して
会場に向かいました。

会場にいる参加者の9割は女性。
セミナー講師のファンが多いようです。

集客についてのセミナーなのに
女性ファンがつくなんてスゴイと
感心していましたが
その理由が分かりました。

「この人、結構可愛い!!!」



・裏表がなく自然体。
・体型に気を遣っている。
・小さい身体で一生懸命。
・ちょっとお茶目なところ
・まず相手の得を考える等々



多分、50代だと思いますが
阿川佐和子に感じが似ていると言えば
イメージできるでしょうか?


私にないものを持っている彼女に
私自身もすっかり魅了させられました。


http://ameblo.jp/jyosei-nlp/


今回は知人に誘われて参加しましたが
無料で大収穫のセミナーでした。
O田さん、有難うございます。

これから仕事に反映させます!





さて本日の役立つメルマガは
ダイレクト出版の杉本さんです。
↓  ↓  ↓



われわれは
本気でやりたいことのためなら
まちがいなく時間を見つける。

ウィリアム・フェザー
(米国の作家・実業家)


本気でやりたいことを見つけたら
それを達成する
もしくはそうなる可能性は
とっても高くなるでしょう。

やりたいことを
見つけないままで
毎日を過ごしていると
ずっと、流され続ける人生を
送ることになるかも知れませんね。


それで、今日は
やりたいことを
見つけるヒントを
いくつか紹介します。



1.「やりたくないこと」を書き出す


やりたいことよりも
やりたくないことから明確にした方が
「本当にやりたいこと」に
たどり着く可能性が高まるのです。

以前に、あるテレビ番組で
「モノがあふれる狭い部屋で
 快適に過ごす方法」を
紹介していました。


「収納を増やして
 キレイにするんですか?」
という司会者の問いに

お掃除のカリスマは

「限られた空間を
 広く使うには、収納を増やしてはだめ。
 まず、いらないものを捨てること」
と答えました。


「大切なもの」から
リストアップすると、
「これはすごく大切」
「これは、あの思い出があって……」と
荷物が増える傾向にあるとのこと。

「いらないもの」から
削っていくことで
比較的早く判断できるので
整理が進みますし
本当に大切なものが
明確になってくるのだそうです。

「やりたいことがよく分からない」
という方は

「やりたくないこと」のほうが
「やりたいこと」よりも
挙げやすいと思います。


誰かに見られるわけではないので
ありのまま、正直に自由に書き出してみましょう。



2.「やりたいこと」を書き出す


次に、「やりたいこと」を書き出します。

「やりたくないこと」
を書き出したことで

すでに「やりたいこと」の焦点が
はっきりし始めている方も
いらっしゃるでしょう。

部屋の掃除で
いらないものを捨てると
本当に大切なものが
見えてきやすいように

「やりたくない」
と思う気持ちに向き合うと

「~は絶対にやりたくない。
       だけど、本当は……」
という形で
やりたいことも、合わせて
浮かびやすくなります。


それでもまだ、
「やりたいこと」
が浮かんで来ないなら

「やりたくないこと」
で書き出した内容を振り返りながら

やりたくないことの
裏側にある気持ちを考えてみましょう。


例えば
「お金のためだけに働きたくない」なら

その裏側には
「充実した気持ちで働きたい」という
前向きな気持ちがあるのかも知れません。

「やりたくないこと」と
「やりたいこと」は
表裏一体なので

本当にやりたいことが
見えてくる可能性が高まります。


若くても
若くなくても
やりたいこと
成し遂げたいことを持っていましょう。


それを持っていると
何と充実した幸福な日々を
送れることでしょう。


育自コンサルタント
-自分を育てるお手伝い-

杉本恵洋(すぎもと しげひろ)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

遊古堂NET

Author:遊古堂NET
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。