スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

爬虫類脳


今日の役立つメルマガは
私自信にとっても響く内容でした。

怒ったとき
イライラしたときは
自分が爬虫類になってしまったと
考えよう。




ダイレクト出版社長の小川さんです。
↓  ↓  ↓



怒った時に、判断してはいけない。
ネガティブな感情がある時に、
重要な判断をしてはいけない。

怒った時、
イラッと来た時、

人間の脳は、一番、原始的な脳が働いている。
爬虫類脳と呼ばれる脳である。

この脳は爬虫類が持ってるような脳で、
常に危険を察知する。
もちろん、生存するためだ。

なので、この脳が判断することは
危険を目の前にして、

「闘争か?逃走か?」

という事。つまり、目の前の危険と
戦うのか?逃げるのか?
こういう判断をする。

一方、いわゆる高度な人間の証拠である、
ロジカルな考えができるのは、一番外側の脳。

そして、脳の力と言うのは
原則的に、古い方が強い。
生きるか死ぬか?を判断する脳は、
論理的に考える脳よりも強い。
(当然だわな。ライオンを目の前にして、
 この毛並みは怒っている証拠だ。。。
 など論理的にモノゴトを考えてたら死ぬ)

つまり、古い爬虫類脳が
アクティブになっている時、
=「怒っている時」

論理的な思考などできない。
できてると思い込んでいても、それは幻想。
あなたの脳は
「戦え!」「戦え!」「戦え!」
となっている。

そんな時に、交渉することなんて不可能だ。

なので、自分が怒ってるな…
と思ったら、判断・取引・行動を止めること。
んで、頭が冷えるまでそれをやらないこと。

頭を冷やすにはどうすればいいか?

簡単に出来るのは、情動ラベリングと言う方法。
「おれは今、怒っているな。」
「おれは今、苛ついてるな。」
「おれは今、悲しんでるな。」

などなど、自分の感じていることを
そのまま言葉にして、表現することだ。
(口に出さなくてもいい)

そうすることによって、
言語・論理などを司る高度な脳が
すこしアクティブになる。

なので、感情がおさまってくる…

とっても簡単な方法だ。

怒ってるのを否定しても、怒りは消えない。
まず、受け入れれば消える。という事かもしれない。

ま、いずれにせよ、
感情は判断を狂わせる。

なので、感情的な時は
なんの判断・決断もしないことに
こしたことはない…

小川忠洋
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

遊古堂NET

Author:遊古堂NET
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。