スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今朝は寝不足です

今朝は寝不足気味です。

特に遅かった訳ではないのですが
週末に研修&視察で
タイに行くため
夜中の1時に飛行機の席を
確保したのが原因です。



寝過ごしたらまずいと
22:00~1:00近くまでウトウト。


20分ほどで席を確保して
布団に入りますが
隣りに寝ている鼻づまりの次女が
息苦しそうなのが気になり
朝までウトウト・・・。



どこでもすぐに寝られる方が
本当に羨ましいです。



さて、本日の役立つメルマガは
杉本恵洋さんです。
↓  ↓  ↓




「相乗効果の本質は、
 知的、情緒的、心理的な相違点を尊ぶことにある。

 相違点を尊ぶことができるようになるための鍵は、
 すべての人は世界をあるがままに見ているのではなく、
 自分のあるがままに見ているのだということを、
 認識することである。」

                ─ スティーヴン・R・コヴィ―




敬愛するコヴィー博士の言葉を、
紹介させていただきました。

コミュニケーションを通して理解し合えれば、
お互いの違いも見えてきます。

その違いを排除しないで活かし合い、
最終的に素晴らしい第三案を生み出すことが、
相乗効果です。


例を引いてお話ししますと、



AさんとBさんがいるとして、
AさんとBさんの考えで一致する部分は、
ほんのわずかです。

わずかに一致した部分で、
「この辺で手を打ちましょう」は、
妥協と言います。

しかし、AさんとBさんが、
お互いのWin-Winを考えながら、
コミュニケーションを重ねました。

するとお互いの違いが見えてきました。

その違いを活かしあった結果生み出された第三案、
それが相乗効果です。

人は、自分と違う考えを持つ人、
あるいは違う価値観を持つ人には違和感を抱き、
避けがちになります。

気の合った仲間と一緒にいるほうが、
居心地がいいのは明らかです。

しかし、同じ考えの人が集まって話し合ったところで、
導き出される答えは同じものです。

人は1人ひとり違います。

その違いを尊重し合い、
祝う習慣が第六の習慣、
「相乗効果を発揮する」です。 

相乗効果を発揮すると、
1+1が2以上のものになります。



例えば、異企業同士で、
ショールームを企画した例を、
挙げてみましょう。

トヨタカローラ横浜・戸塚下倉田店が、
おもちゃの輸入販売を手掛ける『ボーネルンド』と組んで、
子供たちの遊ぶ「本格的スペース」を設けた例です。

このプレールームを設置してから、
特に近隣住民の注目を集め、
来店客が増加し始めたとのことです。

来店客の滞在時間も長くなり、
開店から3日間で、
55台もの車を売ったということです。

月間目標の40台を、
“たった3日”で上まわったのですから、
すごい効果だと言えますね。



全く違ったアイデアを持っているのに、
その違っている点に注目して、
その相違点を活かしあう、
新しいアイデアを生み出せるのは、


【第一の習慣:主体性を発揮する】
自分で判断し、行動して結果を出すこと

【第二の習慣:目的を持って始める】
自分の最終到達地点を明確にして、始めること

【第三の習慣:重要事項を優先する】
「重要事項」で物事を判断し、主体的に時間を管理すること

【第四の習慣:Win-Winを考える】
お互いの満足を得るために、考え方や姿勢を身につけること

【第五の習慣:理解してから理解される】
感情移入の傾聴を通して、お互いが理解し合うこと

これら5つの習慣を身につけたからできることです。


自立した人がお互いに協力し合い、
1人では生み出せない素晴らしい結果を生み出すことが、
私たちの人生に、
大きな、大きな幸福をもたらすと、
信じて疑いません。



育自コンサルタント
-自分を育てるお手伝い-

杉本恵洋(すぎもと しげひろ)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

遊古堂NET

Author:遊古堂NET
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。