スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分を好きな人、好きでない人

私は自分自身に
理由や条件をつけて
好きになれないでいました。


今は?


無条件で受け入れられてます♪



小川忠洋さんも
このように言っています。
↓  ↓  ↓




世の中には
二つのタイプの人がいる。


一つは自分が好きな人。
そしてもう一つは
自分のことが好きじゃない人。

どちらが幸せになるかと言えば、
答えるまでもない。

自分が好きな人に決まっている。

これは恐らく誰もが知っている事実だろう。



もちろん、このメルマガを読んでいる
あなただったら当然知っていることだ。

しかし、じゃあ、何故、こんなにも
自分の事を好きだ
と言える人が少ないんだろうか?


先日、自分のことが好きになれない
と言っている人と話す機会があった。

『今まで、自分がどんな事をしても
どんなに褒められても、
どんなに仕事ができるようになっても、
自分を好きだと思えたことはあまりない…』

との事。

その人はとても明るい性格で
みんなから好かれている。
友達もたくさんいるし、仕事もできる…
だが、自分を好きになれないと…


そんな性格なので、その事を聞いた時には
ちょっとビックリした。マジでぇ!???
って感じ。

友達とか周りの人はみんな、あんたの事を
好きなのに自分は好きじゃないって??



彼女いわく、このメルマガを読むように
なってからは、
だいぶマシになったとの事。

でもとてもいい子なんだから
好きになればいいのに…と僕は思って
話を聞いていた。

すると、気がつくことがあった。



さっきの彼女の言葉を見てみてほしい。

どんな事をしても
どんなに褒められても
どんなに仕事ができても、、、
自分を好きになれない。

と彼女は言っている。

気がつくだろうか?

そう。
自分を好きになる時に『条件』は必要ない。

●●したから
##できたから

自分を好きになるのではない。

自分を好きになるのには条件も理由も
なんにも無しでOKなのだ。



単純に好きになればいい。
理由や条件を探してはだめだ。

理由や条件は環境が変われば
意味がなくなる。


たとえ何にも出来なくても、
無条件で自分を好きになることはできる。

親は子供を無条件で好きになる。
僕らは友達を無条件で好きでいる。

それと同じように自分自身へも
無条件の好意を持つことは可能だし、
それをすべきだ。


もし、あなたが自分を好きに
なりたいなら、条件や理由なんて
探してはいけない。

それは返って逆効果になる。


もし、あなたが自分を好きに
なりたいなら、今すぐ好きになればいい。

理由もなく、
条件もなく、、、


-小川忠洋
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

遊古堂NET

Author:遊古堂NET
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。