スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜中に話し出す人形

夕べとその前の晩

2日連続で夜中の2時半に目が覚め

そこから深い眠りにつけません。



ウトウトしているところへ

次女が子供部屋から持ってきた

言葉を話すお人形が


「おはようございますです。」

と、話し始めます。


スィッチを止めに行こうと思うのですが

身体が言うことを聞かないのでそのままに。


すると、数分後に再び


「もう起きるです!」

「顔を洗うです!」


と、大音響で話し続けます。


しかし、家族で気づく者はいません。


私一人がうなされたように

力んだ状態で、布団に横たわっています。


今夜は次女に
必ず人形を片付けさせます。




さて本日の役立つメルマガは
リー・ミルティアです。
↓  ↓  ↓





私はいつも
「自分は冒険家である」と
考えたいと思っています。

新しい事にチャンレンジするのが大好きです。



何年か前に飛行機の操縦レッスンを
受けたいと思うようになりました。

4回目のレッスンの日は
非常に寒く風も強かったのですが、
私のインストラクターは
レッスンを実施しました。

私は飛行コースに乗るまで
酷く時間がかかり、
だんだんとイライラし、
自らを叱咤し始めました。


ほんの数分、インストラクターのメリーは
それを聞いていましたが、


最後には強い口調で

「リー、操縦している時は
長い間同じコースにいるのは
不可能だと自覚しなくちゃ駄目。

風向きのせいでコースから
外れるのは当たり前。

自分のリソースを
自己否定のために
使う時ではないはずよ。

あなたに必要なのは、
コースにもどるために
自分のエネルギーを
集中させる事ではないの」

その言葉を聞いた後、
これは、私達人間が時々陥ってしまう
悪しき習慣や非生産的な行動に関する
素晴らしい例えだと気がつきました。


私達はいつも自分が望む方向に
進もうとしますが、
自分が選んだ道から間違って
反れてしまうときもあります。

コースからすでに反れてしまった場合、
元に戻ろうと必死になって

自分のエネルギーを
無駄遣いしても意味がない
ということを覚えておきましょう。

何が原因で本筋から
外れてしまったのかを理解し、
コースに戻るために自分のエネルギーを
使うことが大切です。

自分がフォーカスしたものが
現実になり、広がっていきます。

だからかつての失敗や
自分が望んだコースから
どうして外れてしまったのか

という事に気持ちをフォーカスさせると、
それに引きずられてしまい、
同じ事を繰り返してしまう確率が
高くなってしまいます!

だから、今度自分がエクササイズを
サボってしまったり、
パーティーで暴飲暴食をしたり、

大切な自分の時間を
だらだらと過ごしてしまった時は、
このお話を思い出してください!



過ぎてしまった事を考え気分を悪くし、
大切なライフエネルギーを
無駄にしないでください。

私達人間は、常に進歩しています。
私達には自分の目的や
目標がある事を思い出させてくれる
リマンダーを日々の生活の中で作る事が重要です。


人は、見た目が良いものに弱く、
そして人生は複雑です。

だから、自分に誠実になり、
自分が望むコースに戻してくれる
サポートシステムを必ず持つようにしましょう。

ご自分のパワーを
今この瞬間に有効活用してください。



お話したように、
誰にだってコーチが必要です。
だから、皆さんをアシストするために
私が作った非常にパワフルな
システムを紹介します。

これは、大志を抱き、クリエイターであり、
前進し続け、世界を動かす人のためのシステムです。

私達人間には、自分の才能や
ライフエネルギーを維持し、
気持ちを集中させ続けるために
コーチとシステムが必要です。

悪い習慣を身につけてしまったのは、
実はあなたのせいではありません。
この事実を皆さんはご存知ですか?

育った環境、友人や家族からの
影響を受けているために、

自分自身に誇りを感じる人生を
築く本当の力を
皆さんは忘れているだけなのです。


よりよい人生を送りたいと
思っているのなら、
今までとは違う事をして、
自己投資をしましょう。


リー・ミルティア

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

遊古堂NET

Author:遊古堂NET
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。