スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

休日のリフレッシュ

おとといの日曜日は
毎年恒例、外苑の銀杏祭りに
行ってきました。

今回は車でなく地下鉄です。

青山1丁目の改札を出ると
階段で既にすごい人。

銀杏並木は帰りに取っておいて
児童遊園から攻めることに。


公園も大人と子供で大賑わい。

何とか座る場所を探して
早速、持ってきたおにぎりを食べました。

そしていざ、子供達が遊びに
飛び出して行くかと思いきや…。


何となく、遊びづらそう。

特に長女はもじもじしています。


数ヶ月前に来た時は
結構楽しく遊んでいたのに
4年生には、遊具が子供っぽすぎるのかしら?


そろそろこの公園も卒業ですね。


気を取り直して
サイクリングコーナーへ向かいます。

ところが、自転車が売り切れるほど
人でいっぱい。

みんな考えることは一緒なのですね。


何とか自転車を借りることが出来ましたが
日陰の多い外苑は、結構冷えます。


身体を温めるため
日本各国の名物がずらっと並ぶ
銀杏祭りのメイン会場へ。


私は黒ビールを飲みながら
つまみを頬張り
青空の下、家族でのんびり。


もちろん帰りは
銀杏の黄色いシャワーをたくさん浴びて
リフレッシュしてきました!





それでは本日の役立つメルマガは
ルイ龍池さんです。
↓  ↓  ↓





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  「やってみせて、言って聞かせて、
       やらせてみて、
    ほめてやらねば人は動かじ。
   話し合い、耳を傾け、承認し、
   任せてやらねば、人は育たず。
  やっている、姿を感謝で見守って、
   信頼せねば、人は実らず。」

      by 山本 五十六
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



大日本帝国海軍の

連合艦隊司令長官だった、

山本五十六の言葉です。



究極のリーダーシップの奥義が

ここに凝縮していると言って

間違いないでしょう。



人間1人でできることには、

限界があります。

ですから、ビジネスでは、

組織を形成したり、

外部の取引先と

アライアンスを組んだりするわけです。



その時、組織の目標に向かって

効果的に組織が動くようにするには、

成果を公平に評価し、

報酬や昇進に結びつく仕組みと共に、

トップのリーダーシップが

命運を握ります。



リーダーとは、

自らの生き様や行動で

周囲の人にやる気を起こさせ、

自ら行動してしまうような

影響を与える人の事です。



組織のトップでなくても、

人生を成幸させたいと

願うのであれば、

リーダーであるべき

と言うのが私の持論です。



なぜなら、

組織でトップでなくても、

周囲の人に影響を与えることは

可能ですし、

仮に組織に属していなくても、

家族(特に子供)に

影響を与える存在からは

逃げようがないからです。



もし、

リーダーになりたくないのであれば、

結婚すべきではありません。

特に、子供をもってはいけません。



一般の組織では、

権限を背景にした恐怖によって、

むりやり人を動かそうとする

ケースが横行していますが、

それはリーダーシップでも

何でもありません。

リーダーシップに欠けた

マネージャーの行動です。



では、リーダーシップとは

何でしょうか?



人の根本行動原理は

「快を求め、不快を避ける。」です。

恐怖によって

行動を促そうとするのは、

「不快や痛みを避ける。」原理に

訴えかけるものです。



その結果、組織の雰囲気は悪くなり、

個々人のモチベーションは

最悪な状況になります。



一方で「快を求める」原理に

訴えかける方法が

リーダーシップです。

つまり、行動することが

「快」であると言い聞かせ、

実感させる方法です。



では、「快」を実感させるには

どうすればよいでしょうか?



それは、人間の求める欲求を

満たしてあげることです。

つまり、マズローの言う

「生理的欲求」

「安全の欲求」

「承認と愛の欲求」

「尊敬の欲求」

「自己実現の欲求」

のうち、上位の3つの欲求を

上手く満たしてあげることです。



山本五十六の言葉に

この欲求を満たす

全てが含まれていることが

分かるでしょうか?



「承認と愛の欲求」は、

「話し合い、耳を傾け、承認する」

ことで満たされます。



「尊敬の欲求」は、

「褒め、感謝で見守る」

ことで満たされます。



では、「自己実現の欲求」

はどうでしょう?



「やってみせ、任せ、信頼する」

ことです。

やってみせるのは、

自らが、行動することで

自己実現していっていることを

実例として見せると言うことです。

嫌なこと、辛いことでも

積極的にチャレンジし、

自己実現している実例です。



そう言うリーダーの言葉だからこそ、

相手が聞く耳を持ちます。



相手に達成して欲しい成果を

言って聞かせたら、

自分のやり方は

ヒントとして伝えることがあっても、

やり方は本人に

任せなければいけません。



人によって、

強み弱みが異なりますし、

自ら考え、試行錯誤し、

成果を得なければ

やらされ仕事になり、

達成感を得ることが

できないので

「快」を得られないばかりか、

「尊敬の欲求」も

「自己実現の欲求」も

満たされないことになります。



そして、忘れてならない、

リーダーの最後の条件は、

自分の信念が

腹に落ちていることです。

それによって

常に根本的な判断基準に

ブレがなくなり、

言葉に影響力を

持つことができるようになります。



リーダーの生き方は

シンドイですが、

人を育て成幸させることで、

もっとも感謝され

尊敬されて

幸せになる成幸者の生き方です。





今日も、最後まで読んで頂いて嬉しく思います。

あなたの「ビジネスの成功」と「人生の成幸」

のお役にたてれば幸せです。




ありがとうございます。

Me ke aloha.
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

遊古堂NET

Author:遊古堂NET
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。