スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「女の子」してきました

昨日は、高校時代の友人と
銀座でランチをしました。

みんなそこそこにお洒落をして
12時から5時まで
ノンストップでおしゃべり。

久しぶりに「女の子」
したような気分です


銀座のイルミネーションも
きれいでした!




さて本日のメルマガは
古賀令子さん。
私も大好きな言葉
「一隅を照らす」について
書かれています。
↓  ↓  ↓



もう12月に入りましたね。

あなたはお気に入りのカレンダー、
ありますか?

私は、東京の知人が毎年送ってくれる
「星野富弘さん」のカレンダーが大好きで、
一番目立つところに飾っています。

日常的な自然の風景と、その横に書かれている
言葉にいつもハッとさせられ、もう約5年分
保管してるんですよ。

知人は毎年この時期になると、東京から
約3時間以上かけて群馬県の「星野富弘美術館」
に出かけて、そこから私にも送ってくれます。

知人は5年前に、余命数か月と末期がんを
宣告され、自暴自棄になった時に、星野さんの絵に
出合い、美術館へ出かけたんですね。

そこで、大変な苦しみや悲しみを超えて掴んだものを、
自分に与えられている持ち味で、発信し、多くの人に
勇気と感動を与えていることを知りました。


それからは、ガンと闘うのではなく、
共存しようと決め、全ての治療をやめて
今自分が出来ることを楽しみながら、
活動していますが、とても元気なんですよ。

ところで、ある会で漢学者、安岡正篤の
「一隅を照らす」という詩を紹介されたのですが
すぐ思い浮かべたのが星野さんです。

星野さんの生き方そのものが、
「一隅を照らす」だと思いました。

もともとは、天台宗の開祖、最澄の言葉なんですよね。

「人間誰でもが、”一隅を照らす“だけの力量が
与えられて、この世に存在する。

他人と比べて、私は力がない、能力がない
ダメだ、と思ったらいけない。

自分の持ち場で”一隅を照らそう“と努力したときに
照らせるようになり、すると周りから引き上げられ、
より広範囲で多くの人と仕事をするようになる。

またそこで、照らし続けていると、ますます広く
多くの人に引き上げられ、いつしか国を
ほのかに照らすようになる。

全ての始まりは、まず自分自身が明かりになること。
人は誰でも、一隅を照らせるように存在している。」

まずは、今の自分が出来る事を、縁ある場所で、
縁ある人達のためにしっかり行う事だと思います。

ひとり一人が、自分の役割に気づき、
職場や地域、家庭で果たせば、やがて
大きな力になっていくことでしょう。

最後に安岡正篤の詩をご紹介します。

一つの灯火を掲げて一隅を照らす。
そうした誠心誠意の歩みを続けると、
いつか必ず共鳴する人が現れてくる。
一灯は二灯となり三灯となり、
いつしか万灯となって、
国をほのかに照らすようになる。

あなたは一隅を照らすために、何から始めますか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

遊古堂NET

Author:遊古堂NET
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。