スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりのおめでた♡


先日、パートさんのお子さんが
男の子を出産しました。


予定日を1週間過ぎての出産で
体重は3300gにもなったそうです。


母子共に健康。
良かったです。



最近、哀しいお知らせばかりだったので
このようにおめでたい話は本当に嬉しい。


毎朝、パートさんに赤ちゃんの様子を聞くのも
楽しみです。


子供は、周りを幸せな気持ちにさせてくれる。


本当に天使ですね。




それでは、本日の役立つメルマガは
育自の杉本さんです。
↓  ↓  ↓





高校に入って、すぐしたことは、
バレーボール部に入部したことです。

ところが、1年生が6人以上そろった頃を見計らって、
2年生が部をやめてしまったので、
ピカピカの1年生だけで、
チームを作ることになってしまいました。

ということで、1年生チームの間は、
最初の頃、ずっと、負け続けたのです。

後半から、少しずつ勝てるようになり、
2年生の秋には、
ある大会で優勝することができました。

私たち1年生が、
この経験で学んだことは、

「勝つために大事なことは、
いっぱい、負けること。」

です。

負けることの大切さについては、
多くの人々が言っています。



「勝つことばかり知って、
 負くることを知らざれば、
 害その身に至る」
         徳川家康

徳川幕府をつくった家康の生涯戦績は、
73勝56敗。

あの徳川家康でさえ、
56回も負けています。

しかし、その負けの大切さを知っているからこそ、
最終的に天下を取ることができました。


「勝ちに不思議の勝ちあり、
 負けに不思議の負けなし」
  (肥前の国、平戸藩の第9代藩主で、
   心形刀流の達人、松浦静山)

負けるときには、
何の理由もなく負けるわけではなく、
その試合中に何か負ける要素がある。

勝ったときでも、
何か負けにつながる要素があった場合がある
というような意味でしょうか。

試合でも、ビジネスでの競争でも、
勝つためには、
負ける要素が何だったか、
どうしたらその要素を消せるか、
を考えて行く必要があります。

また、勝ち試合であっても、
その中には、
負けにつながることを、
犯している可能性があり、
たとえ試合に勝ったからと言って、
その犯したことを見過ごしてはならない、
と言っているのではないでしょうか。

「負けるという経験から学ぶことが、
 とても大切なことです」
          イチロー

プロ野球で3割打つとスターですが、
その打率3割も、
7割の失敗があるからこそ、
達成できるわけですよね。

まさに、勝利は、
敗北の上に成り立っていることになり、
その敗北が、
勝利にたどり着く階段の一つだと考えると、
その大切さが理解できます。

育自コンサルタント
-自分を育てるお手伝い-

杉本恵洋(すぎもと しげひろ)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

遊古堂NET

Author:遊古堂NET
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。