スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テレビを見ないことによるメリット・デメリット

テレビを見なくなって7年位経つでしょうか?

当初はニュースが入らなくて困るかなと
思いましたが

新聞はあるし
ラジオもあるし
特に不便は感じてないです。

逆に、自由な時間が増えました。

家族と話したり、遊んだり
本を読んだりできます。


昨年の大地震の時は
さすがにテレビをつけましたが
繰り返し同じ報道と映像が流れるだけなので
1日だけ見て、あとはラジオにしました。

ラジオもスポンサーがついているので
アナウンサーが本当のことや
本心を伝えづらいところもありますが
テレビに比べれば
かなり真実を伝えてくれるメディア。


ゲストの芸能人や政治家も
テレビの時とは違って
とてもリラックスしている方が多いせいか
テレビでは聞けない話が出たりして
面白いし、親近感も湧いてきます。


しかし、テレビを見なくなって困ることは
流行の芸能人がよく分からないため
会話の意味が理解できないこと。

芸能界に詳しい人からすると
私は異人のように見られてしまいます…。



それでは本日の役立つメルマガは
リー・ミルティアです。
↓  ↓  ↓





おはようございます。
リー・ミルティアです。

メディアが流すニュースに
洗脳されていませんよね?

これからは大変になると
感じていますか?

メディアは、
私たちの将来への希望や
今後の経済を脅かそうと
必死になっています。

私のコーチングのクライアントで
親しい友人でもある

スーザン・バークレーは、
吹き替えを教える事業を
やっていますが、


彼女は、
「間違った経済動向リスト」
と名づけたリストを
いつも持っています。

不景気にさせるために
間違った経済動向を
メディアは報道していると
以前に彼女が話してくれました。


スーザンはニューヨークに
住んでいますが、
メディアはたった2,3人の
身の上に起きた話でも、

「こういう動向があります」と
報道するので、どこに住んでいても
影響を受けてしまいます。

今後を不安にさせるだけなのですから、
こんな報道を読んだり信じたりするのは
馬鹿げています。


いくつか報道されている内容を
紹介しましょう。

・不景気なのである女性は
エアコンをつけるのを止めました。

(ウォール・ストリート・ジャーナルの記事)

これがいきなり動向になりました。

・人々はお金がなくて
ショッピングに行けないので、
家でテレビゲームをしています。

(これは、バットマンが
映画興行成績を塗り替えた
1週間後の記事です)。

ニューヨーク・タイムズの
レポートも紹介しましょう。

景気後退のため
今までは毎月ヘアーカットを
していた富裕層が、

今は6週間に1度に
減らしたという記事を
あるジャーナリストが書いていました。

また、不景気なので美容師に払う
チップの額も減ったそうです。


しかし、インタビューを受けた
美容師に話を聞くと、ジャーナリストは、
お金持ちからのチップが減ったと
言わせようとしていたそうです。

実際はチップは以前と
変わっていないので、
彼は断ったそうですが。

ジャーナリストは、景気が悪いと
思わせるような事を
言わせようとしていました。


名前は明かしませんが、
ニューヨークのジャーナリストに、
なぜこんなにネガティブな事ばかり
書くのか尋ねたところ、

彼は「ジャーナリストとは、
自分のためにも、

そして一般の人たちのためにも、
動向をいち早く伝えたいと
思っているからです」

と答えたそうです。。。


では、どうしたらいいのでしょうか。

まず、テレビやラジオや
新聞や雑誌で流れている
ネガティブな情報を
読んだり見たりしないこと。

自分が目にするもの
全てを信じないこと。

人生には良いときも
悪いときもあります。

人生において変化は当たり前。

浮き沈みがあるのが人生です。

メディアが流すニュースを
まともに信じて、自分の人生を
踏み外さないでください!

成功するために
最も大切なルールの一つ、


それは、人生に敏感に
反応するのではなく、
積極的にアプローチすることです。

漠然と人生を歩むのではなく、
自分の判断が自分の人生を
良くも悪くもする事を
理解するのが皆さんの仕事です。

自分の思考が
自分の心理状態を作ります。

自分の頭の中に入ってきた情報が、
良くも悪くも自分に影響してきます。


だから、自分のための新しいプログラム、

「ネガティブな情報は頭に入れない」

を実践しましょう。

(そのニュースを聞いたからといって、
何かできるのではないのですから!!)

今までずっと人は挑戦してきました。

それが「人生」です。

これを忘れないでください。

ジェームス・アレンは、
有名な著書「ジェームス・アレンの法則
(原題:As A Man Thinketh)で

「環境が人を作るのではなく、
環境は自分自身の本来の姿を自身に明らかにするものである」
と書いています。

今後皆さんが辛い目にあったり、
敗退や失敗したとしても、
環境にどう反応するのかは、
自分で決めることができます、

逆境や悲しみを経験したら、
チャンスの種を探し、
環境への適応力を
練習してください。

人生に振り回されるのではなく、
自分から積極的に人生を
歩まないといけません。

環境に自分が
動かされるのではなく、
自分の価値や自分の目標に
合わせて行動しなければいけません。

自分の人としての器の大きさは、
自分の内面で決まります。

ですから、自分の才能や
可能性を最大限生かすために、
今すぐに始めましょう。

毎日私たちは、
先を読み、感情的に
ならないよう精神を鍛え、

自分の力を感じ、将来の自分に
責任が持てるビジョンを
育成していかなければいけません。

自分で自分の面倒を見なかったら、
一体誰がやってくれますか?

今は想像できないような
チャンスが必ずやってくると
私は信じています。

今、私たちの社会には、
過去のどんな時代よりも
沢山の科学者がいます。

テクノロジーは
日進月歩で変化しているので、
それに追いつくのは大変です。


ということは、チャンスを見抜く
的確な目と正しい姿勢があれば、
この変化を自分の味方につけることが
できるということになります。


良い面を見つけましょう。


自分がいかに恵まれているのか
思い出してください。

私たちがどう感じるか、
どう考えるかは、
今までの習慣から来ています。

これをきちんと
理解することが大切です。

ニュースを真に受けてしまうような
習慣を皆さんはお持ちですか?

この変化は、脅威ではなく、
必ず報われる挑戦であると
捉えなければいけません。

この変化を上手に消化し、
自分の味方につけるために、

頭を働かせ、
一生懸命働き、
精神を強く持つ。

もちろん勇気も必要です。

本当の成功とは、
このような要因が
必ず必要だからです。

今週は皆さんにこの事を
考えていただきたいと思います。

自分を元気にしてくれ、
モチベーションをあげ、
エキサイトしながら暮らしていける、

そのような人生を与えてくれる
マテリアルにお金を使いましょう。

古めかしく、
ネガティブなニュースではなく、
自分によく影響してくれる、
新しい人生を作ってくれる
情報を取り入れましょう。

お金持ちになりましょう!


リー・ミルティア

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

遊古堂NET

Author:遊古堂NET
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。