スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心に残る送別会

小4の長女。

担任の先生が産休明けの先生と
3学期早々に変わることが決まり
その先生の送別会が
先週の土曜日に行なわれました。


3年生の時からお世話になっているので
2年近く受け持ってもらったことになります。


とても評判の良い先生で
以前、受け持ってもらった子のお母さんには
「いい先生だよ! 当たりだね。」と言われたほどでした。


長女が1.2年の頃は
それはそれは、すごい状況でした。


授業が始まっても
じっとしていられなくなって
立ち歩くのは当たり前。

そのうち、男の子同士がじゃれ合い
ケンカのようになって
それに気を取られないようにして
女の子は机にじっと座って待っている。


先生がとても気の毒でした。


それが3年でクラス替えがあり
こちらの評判の良い先生に変わったのですが
この子供達がとんでもなく
変わったのです。


まず、先生の話は
きちんと座って聴くようになりました。

そして、率先力が出てきて
目つきが変わってきました。


先生が一人ひとりの可能性を
引き出そうと努力しているのが
生徒に伝わり
みんな頑張っているのが分かるのです。


そんな先生だからでしょうか。

送別会の参加は親子共に
欠席ゼロ。


およそ70人が
居酒屋に集合し
最後の時間を楽しみました。


先生から最後の言葉を頂きましたが
一緒に話を聴いている私まで
涙が出てくるほど
愛情深い内容でした。


最近のニュースでは
とんでもない先生がいるものだと
不信感が募ることもありますが

それは一部で
本当に教師と呼べる人も
まだまだいるのだと感じさせられました。

長女は幸せです。



それでは、本日の役立つメルマガです。
↓  ↓  ↓


おはようございます!
マット・フューリーです。

ここ数週間、私はいつも以上に
テレビを見ていますが、
ちょっと言わせてください。


メディアの洗脳力って
本当にすごいですね。


メディアは私たちに、
アメリカ全国民が
自国の経済についてパニックに陥り、

心配で夜も眠れない状態になっていると、
信じ込ませようとしています。

そこで、
メディアが教えてくれないことを
私から暴露しましょう。


其の一 

多くの人は、
パニックに陥ってはいない。
というのは、根本の原因が
何であるかを皆知っているから。

其の二 

撤退する事業や、
家を失う人がいる一方で、
大勢の人が同じ「恐慌」状態の中、
大きく飛躍している。



其の三 

最高とも言える好況期でも、
結果を出せず、惨めな生活を
している人はたくさんいる。

時勢に関係なく、破産する人、
つきに見放される人、
怠惰な人、やる気のない人は
常に存在する。

其の四 

「頑張ろう」と
思わせるベースとなるのは
経済状態ではない。

自分のマインドが
そう思わせるのだ。

どんな経済状況であれ、
潰れる会社もあれば、
繁盛する会社もあるのです。

そして、私たちが
現在直面している時代も、
例外ではありません。


ここで少し例をあげましょう。

ケビンは今年の売上目標を
最低100万ドルと設定しました。

ちなみに去年の売上げは、
約25万ドルでした。

今年の4月、ケビンの奥さんが
男の子を出産しました。

あなたがそう思うかどうかは
分かりませんが、多くの人が、

「赤ちゃん」と聞くと
「費用がかさむ」とか、
「育児が大変」だとか思うでしょう。

「貧乏人の子沢山」なんていう
諺もありますし。


私はまったく
違った見方をしています。


彼と会った時、私は彼に、
3つの魔法の言葉を教えました。

ケビンはその3つの言葉を
毎日繰り返し言いながら、
売上が増えて富を
手にする自分をイメージしました。

7月、ケビンの収入は
10万ドルに到達しました。
これは年間収入ではないですよ、皆さん。


月間収入です。


8月、ケビンは数10万ドルを
達成しました。

そして9月、
ある晴れの日の夕方、
彼は1日で10万ドルを稼ぎました。

私が彼に教えた3つの言葉とは、


「メンタルイメージを強く持つ」、
「感情を全身からありったけ出す」、

そして、3つ目は・・・。

「24時間放送のニュースで
描かれた現実とは
違う現実を信じる」です。


とても好況だった時には
全然稼げなかったケビンが、

最悪とも言える今の時期に、
一財産を作ったなんて、
面白いと思いませんか?

こういった話は
ケビンだけではありません。

ジムもまた、
初めて100万ドルの年収に
達する勢いを見せています。

ケビンと同じく、
ジムの去年までの最高収入は、
100万ドルには程遠い金額でした。

いったい、
どうしちゃったのでしょうか?

景気が良い時に
失敗する人がいて、

景気が悪い時にうまくいく人、
さらには大躍進する人がいるのは、
いったい何故なのでしょうか?

私は、
次のように考えています。

強力なセルフイメージを持っている人、
なりたい自分のイメージを強く持っている人が、
どんなに悪い経済状況でも、成功できる、と。

ウォール・ストリートよりも、
誰よりも、何よりも

パワフルなセルフイメージを
持っている人が、
悪い状況の中でも
成功できるのだ、と。

自分が
望んでいるものについての
メンタルイメージを
作りましょう。

そして、言葉や感情でもって、
そのイメージを
高めていきましょう。

24時間流れっぱなしの、
やかましいテレビは、
ただの洗脳マシンです。

これからも、洗脳マシンに
好き放題やらせておきますか?

それとも、
セルフイメージ力をベースに、
今後の状況を、
自分で作っていきますか?

皆さん、この世の中に
溢れているマイナス思考や憂うつ、
怒りに同調してはいけません。


また、うるさいボックス
(=テレビ)から
24時間流れてくる嫌なニュースに
屈してはいけません。

自分の思考を、
宇宙で最も強い力に集中させて、
繁栄と富を手に入れましょう。


成功を祈って。


マット・フューリー












スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

遊古堂NET

Author:遊古堂NET
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。