スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2分の1成人式



昨日、長女の2分の1成人式と言うものが
学校で行なわれたようです。

最近、どこでも開催されているようですが
イマイチ、意味が分かっていない母親です。


事前に、親から子供へ手紙を書いて
そこから二人を選んで
式の中で読み上げるので
そのための手紙を
提出するように言われました。


しかし私は、期限に間に合わず
しかも、手書きでなくパソコンで打ってしまうという
ダメ母ぶり。


昨日、家に帰ったら真っ先に
「手紙読んだよ。
 でもね、うちだけだったよ、パソコンは」

と、長女に言われてしまいました。

学校で読み上げられることはありませんでしたが
既に、子供へ手紙が配られたようです。


でも、年頃に近づいていく子供に
母親の気持ちを伝えられるというのはいいですね。

良い機会を与えてくれた学校に
感謝です。


それでは、本日の役立つメルマガは
ルイ・龍地さんです。
↓  ↓  ↓




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
      「幸せというのは
     自分でつくるものだ。
       決して他人から
    与えられるものじゃない。」

       by 土光敏夫
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



元経団連会長の

土光敏光氏の言葉です。



幸せとは、

自分の生まれてきた意味、

人生の使命を全うし、

「自己実現」していく事でのみ

得ることができます。



「自己実現」とは、

本当の理想の自分像を知り、

それに近づいて行くことです。



そのプロセスの中で、

「承認と愛の欲求」や

「尊敬の欲求」をも

満たすことができるはずです。



幸せを感じるためには、

これらの人間らしい欲求を

満たすことが必要です。



「自己実現」すなわち、

理想の自分になるためには、

自分の信念や使命を

貫く生き方が必須です。



組織や誰かに

自分の人生を依存させると、

その時点で、

自分の信念や使命と言う

個性を貫くことを

放棄することになります。



組織や誰かに依存し、

幸せを与えてもらおうと

思ってもそもそも

不可能なことなのです。



尊敬の欲求とは、

他人から尊敬されたいと言う

欲求だと理解されがちですが、

自分自身による

自分への尊敬が

上位概念として存在します。



それが極まると、

自己実現の欲求へと

育つことになります。



他者に依存することで、

自分自身による

尊敬や理想の自分であると

実感することが

可能なはずがありません。



他者に依存すること無く、

自分の責任で行動し、

結果を受け止め、

使命を全うする

自律した生き方のみが

幸せになる唯一絶対の道です。




今日も、最後まで読んで頂いて嬉しく思います。

あなたの「ビジネスの成功」と「人生の成幸」

のお役にたてれば幸せです。




ありがとうございます。

Me ke aloha.

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

遊古堂NET

Author:遊古堂NET
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。