スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神社へお参りに行ってきました


日曜日に仏壇の整理をしていたら
古いお守りが3つも出てきました。

一つは、地元の神社で七五三でいただいたお守り。
一つは、明治神宮のお守り。
最後の一つは、水天宮のお守り。


きちんと、お礼参りをしていなかったことが
発覚です。

そこで、日曜日の午後は
この3ヶ所の神社へお参りに行ってきました。


地元神社の初参りは
落ち着いてから行こうと言っていたので
ちょうどいいです。

予想通り、ゆっくりとお参りできました。

そして、毎年恒例の「おみくじ」を
引きましたが
今年はなんと「小吉」でした。


読むと気になることばかり・・・。


大体、中吉以上なのですが
何事も気をつけなさいということだと受け止めて
今年は調子に乗らずに過ごしたいと思います。


次は明治神宮ですが
さすが、人気スポット。
まだまだ混んでいますね。


午後4時に近かったのですが
数百人が並んでいました。


結婚式をあげている
新郎新婦が歩く姿が見られて
子供達は喜んでいました。


私たちもこちらで式をあげたので
とても懐かしかったです。



そして最後は水天宮です。


もう、暗くなる寸前。


表の門は閉まっていましたので
裏から入ります。


夕方でも、赤ちゃんを連れた家族が
目立ちますね。


お参りを済ませると
脇にある犬の親子の銅像へ。


その周りには十二支が彫ってあり
子供の干支を触ると健康に育つと
確か、書いてありました。


お参りを終えたのは
既に5時を回ってしまいましたが
これで3軒無事にお礼参りが済んで
気持ちはスッキリです。


帰りは、回転寿司を食べて
帰りました。





それでは、本日の役立つメルマガです!
↓  ↓  ↓





おはようございます!
マット・フューリーです。


私は早起きの家系に生まれました。

父も母も、早寝早起きをしているし、
すでに他界した両方の祖父母も、
早寝早起の日々を送っていました。

しかし、父方の祖父以外は皆、
起業家ではなく、成功して財をなす事は
ありませんでした。

早寝早起き一家ですが、
いたって平凡なミドルクラスのアメリカ人でした。

何故こんな話をするのかと言うと・・・。

私がその型を破ったからです!


私は、遅寝遅起き派です。

たまに早起きすることもありますが、
だいたい、いつも午前零時過ぎに就寝して、
午前8時過ぎに起床します。

この「罪」にも関わらず、
私は起業家精神に溢れ、裕福な生活を送っています。



そんな私も過去に、早寝早起きという
社会の基準に合わせて、
生活しようとしていた時期がありました。

しかし、その基準がしっくりきていたのは、
早朝の新聞配達をしながら学校に通っていた時と、
わずかな金銭を稼ぐために、個人相手の
フィットネス・トレーナーをしていた時くらいでした。

私の場合、夜遅くまで起きている方が、
自分にすごく合っているのです。

みんなが目を覚まして活動し始める朝よりも、
みんなが寝静まった夜の方が、
私はずっと活動的になるのです。



例えば、私は先日、午前零時から1時間ほど、
外でトレーニングをしました。

通りを走る車は、一台もありません。
近所で明かりのついた部屋も、一つもありません。

いるのは私だけ・・・。

私だけが、自分の思考を携えて
トレーニングをしていました。

ああ、考えただけでも興奮してきます。


トレーニングを終えると、私は1冊の本を取り出して、
しばらくそれを読みました。

それからイメージングをして、ベッドに入りました。

眠りながら、たくさんの夢を見ました。

私が仕事に励んでいる夢や、
師と仰ぐ人から新しいことを学んだ夢などを見ました。

翌朝、息子と娘、妻はいつものように早起きをして、
学校に行きました。


私が起きたのは、8時半。

ベッドから出て、
自分の目標についてのイメージングをして、
新しい一日をスタートさせました。

このことに、私はまったく罪悪感を持っていません。
恥ずかしいとも思っていません。
早起きの社会に合わせるべきだと
感じたこともありません。

何故なら、多くの人が早起き型の生活をして、
大成功を掴んでいますが、
私はまったく成功しなかったからです。

逆に、遅寝遅起きの生活をしている方が、
私はすこぶる調子が良いのです。


こっちの方が、私にはプラスに働くようです。

こっちの方が、私のユニークなスタイルに
フィットしているみたいです。



==


遅寝遅起き派の人へ。

今、あまりうまくいっていないなら、
早寝早起き型の生活をしてみてはどうでしょう?



早寝早起き派の人へ。

今、結果が出せていないのなら、
遅寝遅起き型の生活を試してみる価値はあるでしょう。


==


人生には「これだけが一番!」というものはありません。

確かに、善悪がはっきりしている事柄もありますが、
成功と起床・就寝時間の関係は、その類ではありません。

何時に起きて何時に寝ようが、
そんなの大した事ではないのです。

それよりも、もっと重要なのは、
自分の心に送り込んでいるものが何なのか、ということです。



あなたは朝目覚めたら、何を一番に考えますか?

夜、ベッドに入る時、何を一日の最後に考えますか?

言い換えれば、
寝る前に何を心に抱くのがベストなのでしょうか?


皆さん、
「裕福になりたい」とか、「ビジネスで成功したい」
といった目標を持っているなら、
一日の始めと最後に何を思考すべきか、よく考えてみましょう。




マット・フューリー

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

遊古堂NET

Author:遊古堂NET
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。