スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会社の前の桜


3月23日(土)に満開だと思った
会社の前の桜ですが

20130323桜


3月26日(火)の今朝は
もっともっと咲いていました。

20130326.jpg


毎年、この桜だけが自慢の工業地域。

とても癒されます。

お客様も喜んでくれるので
本当に良い気分♪



それでは、本日の役立つメルマガは
小川忠洋さんです。
↓  ↓  ↓




自分一人の力で何でもやろうとするのは、強さなのか?

ある高校生に、いい大学から招待が来た。
しかし、学費が高い所だったので、
彼は家族に迷惑がかかるのでは、と悩んでいた。

いとこの伯母さんが学費を負担してくれると言ってきた。

彼は「そんなもんは人に頼ってまでやるもんじゃない」
自分の力でできる範囲でやるものだと言っていた。
高校生にしては立派な言葉のように聞こえるが。


しかし、何でもかんでも自分一人の力で
やろうとするのは決して強さではないのでは?

僕はそういう考え方は、ある種、傲慢でもあると思う。

何故なら、人は自分一人の力でなんて
とてもじゃないが生きて行く事はできないからだ。

人間は、支え合って生きている。
誰もが誰かに頼って生きている。
そのようにして社会はできている。

自分一人の力で何でもやる。
なんて考えは、今までも、自分一人の力で
やってきた。何て言う傲慢な考えではないか。

本当の強さとは、
自分の弱さを認める事。

そして、その弱さを補ってくれる人に
助けを求める力ではないか。

そして、自分の強い部分を
頼って来た人に、助けを差し伸べる事ではないか。

素晴らしい会社は、社長が全能なのではない。
能力の高い人が集まっているから素晴らしいものを
作り出すことができるのではないか。

人は個人で生きているのではない。
社会で生きている。コミュニティで生きている。
社会やコミュニティはお互い支え合ってできている。

怪我をしたら、病院にいって医者に見てもらう。
これは弱さではない。さっさと怪我を治す事は強さだ。
医者に助けを求める事は強さだ。

医者はお金をもらっているから?
本当にそう思う?

人は環境や、状況によって
自分の力ではどうしようもない障害もある。
でも、その障害を克服しなければならない。

一人で克服しようとするよりも、
助けを得て、克服すればいい。

それは弱さではない。
それこそが強さではないか。

-小川忠洋
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

遊古堂NET

Author:遊古堂NET
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。