スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目が疲れてきています


昨日、道を歩いている時
僅かな段差があって
一瞬、よろめいたのですが

何となく、そのままふわふわと
倒れそうになってしまいました。

めまいかな?

そう思いました。


最近、目の疲れがひどく
眼鏡をかけていても
見えづらいことが多かったのです。

PCを使う日と
触らない休日では
目の調子が全く違います。

確か、視力回復や
目の疲れを取るための本も
何冊か家にある・・・。

このままでは
首コリ、肩コリが悪化する一方ですし


杉本さんを見習って
とりあえず蒸しタオルと
目の体操から始めてみよう。
↓  ↓  ↓




「杉本さん、
さっき私を無視したでしょう」

50歳を過ぎたころ、
ときどきそんなことを、
言われるようになりました。

おかしいなと思って、
眼科に行って、
調べてもらうと、
「乱視ですね」
と言われました。

母は強度の乱視でしたが、
私は中学校まで、
視力は1.5で、
目には自信がありましたので、
まさかという感じでした。


さっそく眼鏡を作ってもらって、
初めてかけたら、
よく見えること、見えること。

無視したのではなく、
見えていなかったのでした。

ですが、眼鏡をかけだしてから、
何年か立つと、
目の疲れを、
たびたび感じるようになりました。

それで自分なりに、
目の疲れを取る方法を
いろいろ試しています。

1.蒸しタオルで目の疲れをとる

仕事の途中で疲れてくると、
まず、水に濡らしたタオルを絞り、
レンジで1分温めます。

このとき私は、
ペパーミント・アロマオイルを、
数滴たらします。

熱したタオルで、
数分目の周囲を、
温めます。

タオルは2~3本
用意した方が、
更に効果的だと思います。

2.眼球運動を行う

速読を習っていたときに、
やっていたのですが、
眼球を、
ゆっくりと、

上→下→上→下 と5回。

次に、
左→右→左→右 と5回。

そして眼球を、
円を描くように5回転。

これを2~3セットやります。

3.遠くを見る、近くを見るを、
数回繰り返す

パソコンで仕事をしていると、
一定の距離のみに、
焦点が合っている状態になります。

右手の人差し指を、
目の近くに立て、
左手の人差し指を、
目からできるだけ離して立てます。

右の人差し指を見て焦点が合ったら、
すぐに左の人差し指に目を移して、
焦点を合わせます。

それを何度か繰り返します。

これで目の筋肉が、
ほぐれます。

4.風呂で温まった後に、
冷たい水で目の周囲を冷やす

もともと、風呂に入ると、
温まる→冷水シャワー、
を何度か繰り返していますから、
ついでに目もやってしまいます。

温かい・冷たいを、
繰り返すことにより、
目の周囲の血行をよくし、
目の疲れがとれます。

全身水シャワーが辛い場合は、
身体はお湯に浸かりながら、
目だけに冷水シャワーをかけても、
十分OKです。

そのとき、
目の周囲に、
冷水シャワーをする前に、
42度のシャワーを数分当てると、
目の疲労回復に良いという研究結果が
報告されています。
(東京ガス・都市生活研究所と、
千葉大学の共同研究)

以下に、文章を引用します。

「シャワーの水圧によるマッサージ効果により、
温熱効果が目の回復に影響している。
シャワーの熱は、
目の水晶体を調節する毛様体筋のような、
小さな筋に伝わりやすい」

目の疲れは、
やがて肩こりや頭痛といった、
体調不良を引き起こす原因ともなりかねません。

とにかく健康が第一です。

育自コンサルタント
-自分を育てるお手伝い-

杉本恵洋(すぎもと しげひろ)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

遊古堂NET

Author:遊古堂NET
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。