スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日は大荒れ


明日のお天気は
かなり荒れそうですね。


現場も延期の連絡が
入ってきたりしています。


子供たちもお友達の家に
お泊りに行く予定でしたが
中止になりました。


私は、久しぶりに子供のいない休日を
のんびり過ごそうと思っていましたが
遊びに行く場所を探すことになりました。


皆さんも、気をつけてくださいね。


外に置いてあるものは飛ばされないように
不要不急の外出は控えるようにと
ラジオで言ってましたから。



それでは、本日の役立つメルマガは
小川忠洋さんです。

昨今は「責任」という言葉に
過剰な反応を示す人が多いと感じます。

しかし「責任」のない人生なんて
どうなんだろう?

私は、自分のやりたいことが出来ないことは
つまらないからいやだなぁ。
↓  ↓  ↓



『それは誰も判断できないんだ・・・』
何日か前、社内である打合せをしていた時の話。

僕が最も信頼するSEがこう言った。

それはあるシステム開発の話。
このプロジェクトはかなり壮大な
プロジェクトで、中々いっこうに進まなかった。

なので、その状況を確認するための
ミーティング。彼からいろいろ話を聞いた。
いろいろな問題の話を聞いた。

例えば、注文の受け方でも、
あまりにもたくさんの
ケースが出て来て混乱していた。

なので、

『そんなの必要ないヤツはどんどん止めればいい』
と、言うと、

『それが必要かどうか、誰も判断できないんだ。
これが一番やっかいなんだ・・・』
と彼は言った。

誰も判断ができない。
確かにやっかいだし、そんな問題が
解決するんだろうか?

でもよくよく考えてみると、
誰にも判断できないなんて事が
あるはずはない。

いつか、誰かが何らかの
判断をしなければプロジェクトは
進まない。

「判断」とは何だろう?

その日からこの言葉について
少し考えてみた。

会社の中で起きてる事なのに、
会社の中の誰も判断できない。

こんな事があるんだろうか?
もちろん、あり得ない。

そこで思ったのは、
判断ができない
のではなく
責任を取りたくない.
のではないかと考えた。

誰も判断できない。
と言うのは想像できないが、
誰も責任を取りたがらない。
と言うのは容易に想像できる。

誰かが
『これは止めるべきだ。』
と判断して、決定した場合。

何か問題が起きたら
その判断した人の責任になる。
(決断とでも言うべきか)

つまり、
判断=責任
と言う事になる。

逆に責任を取る意思さえあれば、
どんな事でも判断できる。

それが間違っていようが
合っていようが関係ない。

間違っていたら責任を取ればいいだけだ。

ダンケネディは
人生のコントロールをしたかったら
責任を引き受けろ。と言う事を言っていた。

仕事場でも、
責任感のある人、
責任を取れる人、
こういう人は、優秀なタイプで、
どんどん仕事ができるようになる。

こういう人は、
指示された以上の事をやる事ができる。
自分からプロアクティブに動いて
仕事をこなす事ができる。

しかし、責任から逃れようとする人は、
常に言われた事しかできない。

言われた事しかできない人
言われた事もできない人。

この2つのタイプは
ビジネスでは役に立たない。

仕事場でもどんな局面でも、
自分が責任を取る
と言う意思さえあれば、可能性は広がる。

もしあなたが、
より自分の能力を上げたい、
より仕事のパフォーマンスを上げたい
より人として成長したいと言うなら、、

つべこべ言わず、
責任を取るべし。

-小川忠洋
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

遊古堂NET

Author:遊古堂NET
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。