スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セブ島へ行ってみる④



今回楽しみにしていた目的の一つ
セブでのセミナー終了後
現地スタッフとの交流を兼ねて
屋上でパーティーがありました。


20130509④


総勢60人以上はいたと思います。

料理もあっという間になくなりました。

中央で集まっているところには
子豚の丸焼きが2頭あったんですよ!!
我が家ではほんの一口だけいただきました。

フィリピンのごちそうですね。

20130509②


フィリピンは現在夏休みですが
湿気がないので
夜の外は快適に過ごせます。

日本人もフィリピン人も入り混じって
楽しくコミュニケーションが取れました。

子供たちもすっかり慣れて
現地スタッフと仲良くなっています。

20130509.jpg


パーティーが終盤に差し掛かるころ
画像はありませんが
二つの卵を持った人が現れました。

みんなキャーキャー騒いでいます。

何が始まるのかと尋ねると
その卵は「アヒルの卵」で
孵化途中のもの。

それを勇気ある方が
食べる?飲み込む?のだそうです。

フィリピンではお祝いのときに
やるようなのですが…。

フィリピンの女の子も
見ないように目をふさいでいます。

日本側から2名の男性が名乗りを上げて
一気に飲み込みます。

誰かが、足が見えると叫んでいます。


思い出すだけで
気分が悪くなってきました。


つづく





それでは気を取り直して
本日の役立つメルマガに移ります。
マット・フューリーです。
↓  ↓  ↓


おはようございます!
マット・フューリーです。

先日、中国に滞在していた時、
私は妻とお気に入りのレストランで
美味しい夕食を楽しんだ後、
いつものようにウォーキングを始めました。

マット流ウォーキング――

それは通常の
ウォーキングとはかけ離れていて、
とても、とーってもゆっくりの
ウォーキングです。

私達はゆっくり歩きながら
会話を楽しんでいました。

そんなウォーキングは
何の効果もない、
ただの散歩だと思う人も
いるかもしれません。


しかし、歩きながら私は妻に言いました。

「さあ、頑張って進もう!

右、左と足を動かすんだ」

そんな私を見て彼女は笑っていました。

私のウォーキングは、
太極拳のようにゆったりとしているものの、
実は結構大変なんです。

そして、これこそ紛れもなく私の体が
必要としている動きなのです。

鍵はリラクゼーション、緊張からの緩和です。

これこそ、この上ない健康、
最高の人生を享受するために
学ぶべき基本スキルです。

そもそも体から力を
抜くことのできない人は
健康にはなれません。

古くから中国に伝わる
陰と陽の考え方のように、
全速力で走る時もあれば、
体を休ませる時もあるのです。

ネコを思い浮かべてごらんなさい。

ネコはもちろん、
ネコ科動物は皆、そうしています。

例えば、トラはほぼ1日中眠っているか、
ごろんと横になっています。

おそらく21時間以上は
そうして1日を過ごしています。

しかし、トラが狩りをする気になったら・・・、
トラの走る方向にだけは、いたくないものです。

人間の場合は、1日21時間も
休む必要はありません(病気でない限り)。

しかし私達にはリラックスして
緊張をほぐす時間が、
睡眠時間以外に毎日必要です。

その時こそ、
リラックスしながらウォーキング、
瞑想、食事、会話をするのです。

何をしていようが関係なく、
心と体をリラックスさせて、
一点に意識を集中させるのです。

***

私は、コーチングする人々から
いつもこう言われています。

――マットがあくせくしたり、
何かを心配したり、
ストレスを抱えていたりする姿は
一度も目にした事がないのに、
彼はとてもたくさんの事をやり遂げている。

本当に驚きだ――と。

私にだって全力を出す瞬間はあります。

しかし、そうすることが一番
かつ唯一の方法だと考えていた
頃のような全力の出し方はもうしません。

最後に、この名言で
今日はお別れしたいと思います。

Don’t worry – be happy
(心配しなさんな、楽しくやろう)

マット・フューリー



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

遊古堂NET

Author:遊古堂NET
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。